トップページ >

新津高等学校校歌

  左の再生ボタンをクリックすると校歌を再生します。

                    吉野 秀雄  作詞
                    信時  潔   作曲

一  ひろらなり  越の蒲原(かんばら)
    ゆたかなり  阿賀野の流れ
      このよき(さと)に  生い立ちて
      まなぶ歳月(としつき)  幸多し
    進みゆく  掟を守り
    道究め  身は鍛へつつ
     いざやともどち  胸張りて
     つもる力を  (たの)むかな 

二  ゆかしさよ  弥彦(やひこ)神山(かみやま)
    かそけさよ  佐渡が島影
       古国柄(ふるくにがら)の  まごころを
       あたらしき世に  (つらぬ)かば
    燃えさかる  行手の(のぞ)
    遠くとも  つひに至らむ
    いざやともどち  (まゆ)()げて
    堅く誓ひを  交すべし

三  したしけれ  秋葉の岡辺(おかべ)
    すがしけれ  松の高風(たかかぜ)
      相いざなひて  さまよへば
      夢かぎりなく  はぐくまる
    若き日は  ふたたび来ねど
    思ひ出に  悔いは残さじ
     いざやともどち  (うで)組みて
     いまのいのちを  (たた)えなむ